--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2006'07.07.Fri

プラネタリウムが遠いといふこと

   P1030301.jpg


 彗星探査機の「とらぺ」、なんらかのミッションに成功したもようです!!
 

 ・・・帰省、東京経由でしたので、「日本科学未来館」に行ってきました。
 目的は、プラネタリウム!!
 世界最多の500万個の恒星を映しだせるのです。
 
 そして、『暗闇の色』と題されたプラネタリウムの番組は、
 
 詩:谷川俊太郎、音楽:レイ ハラカミ、ナレーション:原田郁子
 映像:プロデュース/寺井弘典(P.I.C.S)演出/西郡勲(P.I.C.S)
 監修:大平貴之、福江純
 
 とあり、
 大好きな星が眺められて、大好きな谷川さんの詩を、クラムボンの郁子が語り、その後ろで、レイ ハラカミの宇宙的サウンドが流れるとは!とは、とは。

 み、みたい~~☆

 と思い、ゆりかもめにまで乗って、遠路はるばる行ってきました。
  
 と、ところが。
 満席!!

 悔しさで、目が廻りました。
 彗星探査機飛ばすしかないよ。
 でも、きっといつか、見ます。
 
 そう、わたしの七夕のお願いは、
メガスターの星空を見られますように!!」 
スポンサーサイト
とりとめないことトラックバック(0)  コメント(12)
Next |  Back

trapezium

☆ユーリさん
大変丁寧に、ありがとうございます。
まだ買えるのですね! 
大平さんのインタビューも、読みたいです。

あとむさんのブログみてみました。とっても参考になりました^^
思ったよりも綺麗・・・☆
でも意外と組み立てが大変そうですね。
ドーム型テントまで欲しくなってしまいましたー☆

2006/07/11(火) 17:13:48 | URL | [ 編集]

ユーリ

「大人の科学マガジン」は、今もAmazonなどのネットショップで買うことができますよ。最近、本屋でもよく見かけます。

私は結構、気に入ってますが、沖縄の星空に比べたら完敗でしょうね~。母の田舎は鹿児島なんですが、そこで見た夜空は本当に綺麗でしたっ。

雑誌の内容は難しくてあまり読んでいないのですが、大平さんのインタビューも載っています。「あとむの正直日記」というブログ(2005年10月5日の記事)に載っていた付録の感想が参考になりました。

2006/07/10(月) 14:56:57 | URL | [ 編集]

trapezium

☆yukiguniさん
そうそ、こども寝かして。
ご近所ですからねー^^

しし座流星群、見ましたよー☆
あれは、ほんとすごかった!
えー、ふとんの中で見たのー?
それはすごい。
わたしなんか、そのとき新潟にいたんだけど、日本海側曇っていて見られなそうだったので、山越えて、福島までドライブ。
車乗ってっても、星が落っこちてきて、すごかったよ。
素敵な思い出☆

星見てると、ほんとしあわせです☆☆☆

サッカー、ファイナルです!!見てますよー!!

2006/07/10(月) 03:07:44 | URL | [ 編集]

trapezium

☆フラニーさん
このプラネタリウム、人気みたいですよー。
行った日が悪かったのかもしれませんが、整理券取れませんでした(泣)。

フラニーさん、行ったら、彗星探査機も飛ばしてくださいね!!

2006/07/10(月) 02:35:41 | URL | [ 編集]

trapezium

☆ユーリさん
お久しぶりですー☆
見に来てくださってたのですね、ありがとうございますー^^
「大人の科学マガジン」、わたしも欲しかったんですよー。
でも、本物みるぞっと思い、我慢したのです。・・・見れませんでしたが・・・ぁぁ・・・

あの付録、いかがでした??
すごく、気になってきました。
まだ手に入るのかしら・・・。

2006/07/10(月) 01:56:55 | URL | [ 編集]

yukiguni

今度二人で見に行きましょうこっそり抜け出して?!ギリシャ神話好きでした。私の住んでいた所は小さな星まで見えすぎて、確認するの大変だったけど(^^ゞ
4年位前のしし座流星群、寒空の下、外に出て見るのが一般的な中、私は一番見え出した時間に、夫に起こしてもらい、大きな窓から、布団の中で寝たままの状態で、堪能しました。あれはちょっと当時の自慢でしたよ(*^_^*)星を眺めていると幸せな気分になりますよね

2006/07/09(日) 23:41:44 | URL | [ 編集]

フラニー

こんなプラネタリウムがあるなんて、全然知りませんでした!一応今は、とうきょうびとなのにね・・・。
夫が大平さんの本を読んだことあるけど、すごい人だよと言っていました。
プラネタリウムというと、すいている穴場的イメージで、結構好きだったものだから、満席でみられなかったってことに驚きです。
興味津々・・・ちょっとリサーチして、わたしも見に行ってみたいですー。

台風は、大丈夫ですか?

2006/07/09(日) 21:35:04 | URL | [ 編集]

ユーリ

お久しぶりです☆お引越し後も楽しく拝見させてもらってます。

このプラネタリウム、素敵ですね~。詩や音楽が流れるなんて!谷川さん好きだし、いいなぁ。最近、こういうユニークなプラネタリウムが上映してるようで、気になります。

メガスター、私も見てみたいなと思ってますっ。もっといろんな場所で上映してくれないかな。なかなか見れない私は、大平さん監修のピンホール式プラネタリウム(「大人の科学マガジン」付録)を買いました。

2006/07/08(土) 23:47:43 | URL | [ 編集]

trapezium

☆yukiguniさん
星好きなんですか!一緒じゃないですかー、わーい☆
今度夜、見に行きましょうよ!(ふたりで。ぁ、そこまで好きじゃない?)
わたし、子供の頃から、ほんっと星好きで、星座の本や、ギリシャ神話読みふけってました。
自由研究、流星群来てるときに、1晩にいくつ流れ星をみれるかとか。

そうそう、さそり座が南天にどどーんとあって、見ごたえあります☆

2006/07/08(土) 17:26:04 | URL | [ 編集]

trapezium

☆littleblueさん
ぜひぜひ行ってみてください!
宇宙の深淵に触れるデート!?
いーなー。。。

そうそう、そのプラネタリウムクリエイター
、大平貴之さんのことですよ、きっと。
確か、わたしもその番組見ました。
もう、胸がきゅんとしました(笑)

あ、今のところ、帰郷の予定、まったくなしです(涙目)

こちら、ただいま台風で、暴風です。

2006/07/08(土) 16:48:21 | URL | [ 編集]

yukiguni

本当に悔しかったでしょうね。私も星は好きな方で(その割りに詳しくはない)雪国に居る頃はよくプラネタリュウムに行きました。でも田舎のプラネタリュウムとは比べ物にならないほど演出が凄いみたいですね。私もいつか行ってみたい!
雪国で見る星空と、石垣の星空は見える星座が少し違うので面白いです。

2006/07/07(金) 23:30:56 | URL | [ 編集]

littleblue

あらららら。
僕は谷川さん以外の方はあまり存じ上げませんが、
代わりに行ってきますので、お任せくださいっ!!
(そういう問題じゃない?)

以前、NHKのトップランナーでプラネタリウムクリエイター
という肩書きの方が取り上げられていて、
その方の「偏愛ぶり」がとっても面白くて
プラネタリウムというものを、また少し違った目で
見る事ができました。
お名前は忘れてしまったのですが、
ひょっとしたら、上のメンバーの中にいらっしゃるのかな?

今度はお盆でしょうか?
見れるといですね。

2006/07/07(金) 07:55:47 | URL | [ 編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。