--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2006'08.03.Thu

まんげつのよるまでまちなさい

P1040073.jpg

 けふの旅先は、
*マーガレット・ワイズ・ブラウン/作 ガース・ウィリアムズ/絵 松岡享子/訳
 『まんげつのよるまでまちなさい

 ずっと読んでみたかったこの絵本、やっと図書館で巡り会えた。
 あらいぐまのぼうやが、「よる」をみたくなる。
 お母さんに言うと、
まんげつのよるまでまちなさい。」
と、諭される。
 月が満ち、時が満ち、「ぼうや」は「男の子」になって、飛び出す、「よる」がなにかを知るために。

 最初と最後のページだけカラーで描かれ、後は、えんぴつ画にこげ茶色がはいっている。
 フランシスシリーズの絵の人だと、開いて気づく。

 このあらいぐまのお母さんは素敵だ。
 こどもの「とき」が満ちるのをみつめ、ともに、満ちるのを待っている。
スポンサーサイト
けふの旅先トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。