--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2006'08.04.Fri

リーサの庭の花まつり

リーサの庭の花まつり

 けふの旅先は、
*エルサ・ベスコフ 石井登志子/訳 『リーサの庭の花まつり
*『まんげつのよるまでまちなさい
*『かばくんとおとうさん

 夏至まつりの前の晩、リーサの庭では、お花たちや野菜たち、雑草たちが花祭りをする・・・・。
 夏至の妖精から、花のしずくをまぶたにたらしてもらい、リーサは花たちのお祭りをみることができるように。

 眠る前の一冊にこの絵本を。
 途中で、Yはうっとりと眠りの国へ。
 もう少しおおきくなったら、「夏至の前の晩だから」と言って、プレゼントしてあげたいな。
スポンサーサイト
けふの旅先トラックバック(0)  コメント(2)
Next |  Back

trapezium

☆フラニーさん
目のかたいYが、ひさーしぶりに、読みながら眠りました!
よくわからないお花の名前や、歌のところは、朗読風に読んでいたりで、眠りの呪文になったようです。
雑草がやいのやいの言うところでこてんっでした。いつでもそのようにして眠ってほしい・・・☆
歌の場面、あれだけ長いと、適当につくって歌うのもムズカシイですし・・・。
メロディつきで誰かから読んでもらいたいですねー!

2006/08/12(土) 16:07:54 | URL | [ 編集]

フラニー

『リーサの庭の花まつり』の途中で夢の国へ・・・いいですね~。
お話を聞きながらうとうとする心地よさ、うらやましいです!
長いお話ですもんね。
途中で出てくる詩・歌にメロディがついていたらいいのに・・・と、以前習っていたピアノの先生に頼んだことがありました。
・・・・メロディ作ってくださいと!
先生にあかちゃんができて、結局だめだったんですけどね。

2006/08/09(水) 23:09:13 | URL | [ 編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。