--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2006'07.25.Tue

わたしはとべる

わたしはとべる

 けふの旅先は、
*ルース・クラウス/文 マリー・ブレア/絵 谷川俊太郎・訳 『わたしはとべる
*かないちょく・作 はやかわよしお・絵 『おりづるのゆめ
*『かばくん

 『わたしはとべる』、ずっと気になっていたのを、ようやく手に取ることができた。
 思ったとおり、可愛く、女の子が次々いろんなものの真似をしてゆくさまが、のびのびきらきら描かれている。
 谷川さんの訳も魅力的。
 「ふくろうほうほう、ごろすけほう」
 「ごろすけほう」は、『まるのうた』のなかにも登場していて、Yは敏感に反応。

 『おりづるのゆめ』。
 眠る前におりづるを折った「わたし」が、おりづるになって夜じゅう空を飛ぶ夢をみるお話。
 娘にも、つるを折ってあげる。
 いい夢みれるといいね。
 いつ頃、つるを折れるようになるのかな。
 楽しみ。
スポンサーサイト
けふの旅先トラックバック(0)  コメント(2)
2006'07.25.Tue

パインの扇

20060725155601.jpg

 へんなパイン。
 扇みたい。
 あおぐと、痛そう・・・。
旅の手帳トラックバック(0)  コメント(4)
 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。