--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2006'07.15.Sat

ひとまねこざる

ひとまねこざるびょういんへいく

 けふの旅先は、
*『ひとまねこざる びょういんへいく
*マーガレット・ワイズ・ブラウン・作 クレメント・ハード・絵 せたていじ・訳
 『おやすみなさいおつきさま

 けふは、台風の爪あとを少し片付け、ご近所の小学校の夏祭りに遊びに行ってきた。
 そこの蚤の市で、ひとまねこざるの大型絵本3冊と、『おやすみなさいおつきさま』を。

 『ひとまねこざる』シリーズ、きいろいぼうしのおじさんが、アフリカから連れてきて・・・って、ちょっと顰蹙もの?だが、たのしいお話、なのだなぁ・・・。
 実はそんなに趣味ではなかったのだが、趣味に走りすぎてはつまらない世界のようである、絵本の世界・・・。
 そう、趣味でなくとも、ぐっとくる素敵絵本はたくさんなのだった。
 そして、趣味などと言わなくなってきたのである・・・。

 わたしにとっては、こどもがいなければ、そのまま知らない世界であった。
 その時目に入った、気を引いた絵本を持って来、読んで読んでとねだられなかったら。

 『おやすみなさい・・・』は、小さい洋書を持っていたのだけど、『ぼくのせかいをひとまわり』に、

「ぼくのほんと、ママのほん、ぼくのほんにはね・・・」

 とあるように、大小あってもいいなと思い。
 (だって、ワンコインなんですもの。)
 高校野球、なんと八重山商工が決勝に進んだので、半額になって、これまた素敵。
(そして、夏の甲子園、行けることになりましたね!すごいすごい、おめでとう!!)
スポンサーサイト
けふの旅先トラックバック(0)  コメント(0)
 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。