--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2006'07.11.Tue

からすのパンやさん

からすのパンやさん

 けふの旅先は、
*かこさとし 『からすのパンやさん
*『ぶたぶたくんのおかいもの

 けふは、2歳児の交流の日。
 ビーズでゴーヤのストラップを作った。
 やればできるものだと、感心感心。

P1030678.jpg

 こどもの後の、ママたちのコーヒータイムに(手作りケーキごちそうさまです☆)、先生がこどもたちに絵本を読んでくださることに。
 丁度Yの持っていた「からすのパンやさん」を「読もうか?」と先生。
 すると、娘、けちんぼうして、本を持ったまま渡さない。
 「じゃあ、みんなに読んであげてください」
という感じで、Yは、お友達みんなに「おはなしおはなし♪」と、読んでいました。
 ちゃんと読めたのかは、不明・・・ということで。

 「からすのパンやさん」何度読んでも楽しい。
 この絵本の日々への投影は、「なまえをつけてあげるね」という遊びである。
(からすのパンやさんに、4匹の赤ちゃんがうまれて、名前をつけるところからお話が始まるので。)
 けふ、夫くんは、危うくおっぱいに名前をつけられるところであった。
 帰省中にも、実家のふぐちゃんに、
 「しぇべかちゃん」、「さめのけちゃん」、「ちょこちゃん」という名前をつけた。
 「ちょこちゃん」は、パンやさんにでてくるのでわかるが、後のは、さっぱり・・・。

スポンサーサイト
けふの旅先トラックバック(0)  コメント(2)
 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。