--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2006'07.09.Sun

三びきのこぶた

三びきのこぶた―Three little pigs

 けふの旅先は、
*イギリス昔話 瀬田貞二・訳 山田三郎・絵
 『三びきのこぶた
*ラッセル・ホーバン・文 ガース・ウィリアムズ・絵 松岡享子・訳
 『おやすみなさいフランシス
*『森のおひめさま

 台風一過、梅雨明けからずっと続いていた酷暑がやや緩み、気持ち涼しく、昼寝しやすかった。
 そんなわけで、Y、→昼、寝過ぎ。→夜、寝つけず。
 『三びきのこぶた』、ここを旅したせいか、さらに眠れない。
 添い寝でがんばったが、だめ。
 
 同じく眠れない、あなぐまのフランシスに会いに行く。
 フランシスが眠っても、Yは眠れない。
 森のおひめさまがお城で眠った頃、Yもようやく眠りの波に飲み込まれてってくれた。

 こちら夜は8時頃まで明るいので、夕飯の前か後の涼しい中、おもてで少し遊んでいる。
 石垣には、時差が必要なんではないかしらと時々思う。
 本当は、8時に寝かせたいところだが、勝手に時差のことを顧慮して、9時までに寝れたら、よしとしている。(ほんと、勝手ないいわけだなぁ。)
 しかし今日は、9時なんてものじゃなく、けふの終わりにようやく眠った。
 なんてこと!
スポンサーサイト
けふの旅先トラックバック(0)  コメント(8)
 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。