--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2006'06.29.Thu

わたしがおひさまだったら

P1030631.jpg

 けふの旅先は、
*片山健 『わたしがおひさまだったら
*ジュディス・カー・作 晴海耕平・訳 『おちゃのじかんにきたとら
*岸田衿子・作 中谷千代子・絵 『かばくん
*小風さち・文 山口マオ・絵 『わにわにのおでかけ
*つちだよしはる 『おいしいえほん

 「わたしがおひさまだったら」と、女の子が空想の翼を広げてゆくお話。
 片山健さんの油絵で、のびのび描かれている。
 おひさまになって飛び回る女の子に、読み手もまるでおひさまになったかのような、きらきらした気持ちになる。

 この空の色、この真夏のこどもたち、石垣に似ている。
 この絵本、大好き。
スポンサーサイト
けふの旅先トラックバック(0)  コメント(0)
2006'06.29.Thu

おなかにいたときの話

 夕食が済み、ゆったり過ごししていると、娘がこんなことを言い出した。
 「Y、おなかにいるとき、おかあさんのこと、みてたんだよ。」
 「(!!)そうなのー、みてたのー!?」
 「うん。(お腹を撫ぜて)こうやって、いいこいいこってしてた。」
 「(おおー!?)そうだよー、可愛いわね、いいこいいこって、いっつもおなか撫でてたよー。」
 「うん!」
 
・・・その後、その話題は終わったのかと思っていると、台所でデザートのレシピを目にして、
 「おかあさん、(Yが)おなかにいるとき、プリンたべてたでしょう。」
と、まだ続いている。

 これには、驚いた。
 わたくし、妊娠後期に、それまでは特に好きなわけでも、作ったこともなかったプリンを、せっせと作り、せっせと食べていたのである。
 (妊婦といふもの、甘いものとりすぎてはいけませんね。)
 それにしても、母親が食べていたものまでわかるものなのかしら?
 
 「おなかにいる時」の話や、前世の話をしたり、「そういう世界」とふいにつながって不思議な言動をしたりするのは、3歳くらいに多いようだ。

 なんだかんだいって、わたしは妊婦の時、こどもを授かって嬉しくて嬉しくて、幸福であった。おなかの中に大事な人がいるというのは、なんて満ち満ちているんだろう!と。
(そりゃ、みなさんそうですね☆)
 こころを通わせていたくて、おなかに話しかけていたのを、感じていてくれ、こういう記憶をぽろりと見せてくれると、通じていたのね、と嬉しい。 
 おなかを撫でている母の記憶、これから忘れてしまうのだろうけど、こころのどこかにそれを携えて、強く生きていく糧にしてほしいと思う。

 Yは、6月で3歳になった。
 おなかの中で、生まれ、育まれて、生まれる準備をしていたことを考えると、もうやがて4年も、生きてきたことになるのだなぁ。
 そして、先は長ーい!!
とりとめないことトラックバック(0)  コメント(8)
 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。