--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2006'07.14.Fri

断崖カフェ

P1030677.jpg

 
 なにか、こちゃこちゃやっているので、追ってみました。

 これ、わたしがこどもの頃のシルバニアファミリーなのですが、なんで娘はこんな断崖に、うさぎたちの憩いの場を・・・?


P1030668.jpgP1030670.jpgP1030672.jpgP1030674.jpgP1030675.jpg

スポンサーサイト
とりとめないことトラックバック(0)  コメント(4)
2006'07.08.Sat

たなばたレター

 七夕前夜、Yはおとなりの双子のお兄ちゃんの片方から、ラブレター(?)をもらった。
 黒の折り紙に、いっぱい星が描いてある。
裏には、
 「Yへ
  たなばた
    ○○より

と、ある。
 字のかたちなどが、また可愛い。

P1030639.jpg

 どうも見ていると、だいたいそっちのにーにの名前呼んでいるし、(呼びやすいだけなのか。)さっきもお隣に迎えにいくと、そっちのにーにと並んでテレビを見ていた。
 んんん!?
 ともあれ、
 たなばたレター、よかったねぇ☆
とりとめないことトラックバック(0)  コメント(4)
2006'07.07.Fri

プラネタリウムが遠いといふこと

   P1030301.jpg


 彗星探査機の「とらぺ」、なんらかのミッションに成功したもようです!!
 

 ・・・帰省、東京経由でしたので、「日本科学未来館」に行ってきました。
 目的は、プラネタリウム!!
 世界最多の500万個の恒星を映しだせるのです。
 
 そして、『暗闇の色』と題されたプラネタリウムの番組は、
 
 詩:谷川俊太郎、音楽:レイ ハラカミ、ナレーション:原田郁子
 映像:プロデュース/寺井弘典(P.I.C.S)演出/西郡勲(P.I.C.S)
 監修:大平貴之、福江純
 
 とあり、
 大好きな星が眺められて、大好きな谷川さんの詩を、クラムボンの郁子が語り、その後ろで、レイ ハラカミの宇宙的サウンドが流れるとは!とは、とは。

 み、みたい~~☆

 と思い、ゆりかもめにまで乗って、遠路はるばる行ってきました。
  
 と、ところが。
 満席!!

 悔しさで、目が廻りました。
 彗星探査機飛ばすしかないよ。
 でも、きっといつか、見ます。
 
 そう、わたしの七夕のお願いは、
メガスターの星空を見られますように!!」 
とりとめないことトラックバック(0)  コメント(12)
2006'06.29.Thu

おなかにいたときの話

 夕食が済み、ゆったり過ごししていると、娘がこんなことを言い出した。
 「Y、おなかにいるとき、おかあさんのこと、みてたんだよ。」
 「(!!)そうなのー、みてたのー!?」
 「うん。(お腹を撫ぜて)こうやって、いいこいいこってしてた。」
 「(おおー!?)そうだよー、可愛いわね、いいこいいこって、いっつもおなか撫でてたよー。」
 「うん!」
 
・・・その後、その話題は終わったのかと思っていると、台所でデザートのレシピを目にして、
 「おかあさん、(Yが)おなかにいるとき、プリンたべてたでしょう。」
と、まだ続いている。

 これには、驚いた。
 わたくし、妊娠後期に、それまでは特に好きなわけでも、作ったこともなかったプリンを、せっせと作り、せっせと食べていたのである。
 (妊婦といふもの、甘いものとりすぎてはいけませんね。)
 それにしても、母親が食べていたものまでわかるものなのかしら?
 
 「おなかにいる時」の話や、前世の話をしたり、「そういう世界」とふいにつながって不思議な言動をしたりするのは、3歳くらいに多いようだ。

 なんだかんだいって、わたしは妊婦の時、こどもを授かって嬉しくて嬉しくて、幸福であった。おなかの中に大事な人がいるというのは、なんて満ち満ちているんだろう!と。
(そりゃ、みなさんそうですね☆)
 こころを通わせていたくて、おなかに話しかけていたのを、感じていてくれ、こういう記憶をぽろりと見せてくれると、通じていたのね、と嬉しい。 
 おなかを撫でている母の記憶、これから忘れてしまうのだろうけど、こころのどこかにそれを携えて、強く生きていく糧にしてほしいと思う。

 Yは、6月で3歳になった。
 おなかの中で、生まれ、育まれて、生まれる準備をしていたことを考えると、もうやがて4年も、生きてきたことになるのだなぁ。
 そして、先は長ーい!!
とりとめないことトラックバック(0)  コメント(8)
2006'06.21.Wed

夏至

 夏至ということで、なんともなしに、こちらに書くことにした。
 意味があるようでいて、ないような、
 意味がないようでいて、あるような、
 あるとするなら、
 それは、夏至だから。

 なんて。
とりとめないことトラックバック(0)  コメント(2)
 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。