--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2006'06.27.Tue

ちいさなちいさなおばあちゃん

ちいさなちいさなおばあちゃん

 けふの旅先は、
 昨日とおなじ、であった。
 ただちょっと違うのは、わたしが読んだのではなくて、Yが読んだということ。
 夏バテで、頭ががんがんし、消化不良でもどして、ぐったりしていたわたしに、
 「おかあさん、なによむ?」
 「なんでも・・・Yの好きなのでいいよ・・・」
 「じゃあ、よむよ」
 「あ、きょうはYが読んでくれるの・・・?」
 「ん。あたまいたいから」
 そう言って、『ちいさなちいさなおばあちゃん』を開いてくれた。
 おお娘よ、やさしく育ったこと!!と弱ってる身に、じーんときた。

 ベスコフの絵本は、Yにとってこれが初めて。
 1度読んであげると、1人旅。
 帰省後、まさに本の虫と化しているのである・・・。

 ちいさなおばあちゃんが、ちいさなめうしからしぼったお乳を、ちいさなこねこが飲んでしまったのをみて、「ねこやっ」と言う。
 すると、ねこは、
 “もりへにげていってしまって、もうかえってきませんでした。”
 でも、その後に小さく、
 “でもねやっぱり、そのうちにおばあちゃんちへかえったとおもいますよ。エルサ・ベスコフ”
 とあり、ほっとする。

 そして、Yの読むには、
 「おばあちゃんは、りんごがだいすき。・・・だいすきなんだって。←(教えてくれる)」
(そんな文章はでてこないが、よくみると、庭に林檎らしき木が。)
 「おばあちゃんは、“ねこやっ”とおこりました。」
 「ねこは、木のかげにもぐりこみ、雲をみていたそうです。」
 (一人旅では「ねこは、そとへ出て、木のこしかけによこになりました・・・」)
 
 さらに、『モペットちゃん』と『赤ずきん』を開いて読んでくれた。
 この『赤ずきん』、挿絵がとっても美しい。

赤ずきん

 さて、これで眠れるんだと思ったら、やはりそんなはずはなかった。
 しっかりと「ぐりとぐら」を読まされる母であった・・・。
スポンサーサイト
けふの旅先トラックバック(1)  コメント(4)
Next |  Back

trapezium

そう、3歳です!ありがとう☆
こはちゃんの旅先も、楽しみにしてまーす^^そして、いつの日か大先輩みたいに「喫茶水ばしょう」が開店されるのを夢見てます^^

ワッツ、童話の挿絵を描いてるのですね!
早速チェックして見ます☆
ありがとうございまーす!

2006/07/01(土) 08:49:54 | URL | [ 編集]

フラニー

Yちゃん、3歳になったんですね!おめでとう♪先輩の旅先、楽しみだなァ。
うちも、最近、濫読気味なので、trapezium
さんの真似をして、旅先をときどきメモしておこうと思っているんです。

ワッツって他にも確か、グリム童話やアンデルセンの挿絵描いてますよね~。
「ヘンゼルとグレーテル」とか「雪の女王」とか・・・。色と筆致がすてきですー。

2006/07/01(土) 00:01:52 | URL | [ 編集]

trapezium

Yも今月で3歳になったので、読めるものが拡がるなぁと、楽しみです。
ベスコフは、これから開拓してゆきますよー!!
Yは、好きなところを読んでくれ、あとは豪~快にすっとばしてまーす☆
赤ずきん、森の花畑とか、おおかみがおばあさんに変身しているところとか、
綺麗でなんだか可愛くて、それでいて、しっかり描きこまれていて、いいなぁと思いました。
他にも挿絵入れているのかしら・・・。

2006/06/30(金) 15:57:34 | URL | [ 編集]

フラニー

わたしYちゃんと絵本の趣味があいそうでうれしいです!
ベスコフにも出会っているんですね~。
読んでもらう心地よさ、脚色ありでも全然OK、わたしも読んでもらいたいなァ。
ワッツの赤ずきん、美しいですよね~。

2006/06/30(金) 00:44:11 | URL | [ 編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

赤ずきんと名作絵本の原画たち☆トロースドルフ絵本美術館展

トロースドルフ絵本美術館展赤ずきんと名作絵本の原画たち2006.4/22~5/28まで愛知県刈谷市美術館 で開催。昨日、見てきた絵本展と同時開催で連携して催されていて、両館めぐると特別料金で入場できます。今日は、昨日、見落として帰ってきてしま

2006/08/01(火) 22:39:02 | 絵本の部屋

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。